自動車用ナット及びパーツエーカーの阪村産業

サカムラグループ


阪村産業・ダイス事業部の製品・加工技術の紹介

阪村産業・ダイス事業部の製品・加工技術について 製品化までの流れ

製品化までの流れ

圧造製品検討依頼→製品検討→金型概算見積り→受注→工程・金型設計→詳細打合せ→金型製作→金型検査・組合せ→出荷・納品→試作立会い→量産
圧造製品検討依頼
圧造製品検討依頼 お客様からご依頼がありました製品については、どんな製品でも前向きに検討させて頂きますので、お気軽にご相談して下さい。
右の画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
製品検討
製品検討 お客様の設備(機械仕様)に合わせて、製品寸法・製品形状等を検討し、適切な寸法・形状と量産に向けての工程設計案を提案します。検討段階で各工程での荷重値と金型工具にかかる荷重値(面圧)の算出結果と三次元解析から金型工具への応力集中、又は予備成形での形状等のデータを合わせて、最適な圧造工程案を提案し、製品化までの最短日程になるよう協力いたします。
右の画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
金型概算見積り
金型概算見積り 製品検討段階での金型工具費用(フルセット費用)を無償で回答させて頂きます。又、必要であれば予定納期も合わせて回答させて頂きます。
右の画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
受注
受注 製品検討案と金型概算見積り書等をご検討して頂き、お客様から受注した製品については、お客様の製品立上げ日程を最優先します。
右の画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
工程・金型設計
工程・金型設計 製品検討段階でのデータを基本にし、お客さまからのご要望・ご指示・ご指摘等をふまえた上で圧造工程設計を行います。又、お客様からのご要望又は金型製作前に中間打合せが必要と判断した場合は中間打合せを数回行う場合もあります。
右の画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
詳細打合せ
詳細打合せ 弊社で提案させてもらいました圧造品寸法・圧造工程・金型構成をお客様にご理解して頂き、ご要望・ご指摘等があれば改善を行います。又、細かい内容にも柔軟に対応させて頂きます。
右の画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
金型製作
金型製作 多種多様な協力メーカーと取引する事が出来ます。この結果、弊社の製造知識は豊富で金型工具設計にも反映されています。
右の画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
金型検査・組合せ
金型検査・組合せ 量産製品(流動品)の金型工具は徹底したチェック体制を整え品質維持と品質向上に日々努めております。又、新規製品の金型工具については、お客先のご要望があれば金型検査後、組み合わせを行う事も出来ます。
右の画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
出荷・納品
出荷・納品 金型工具には単品ごとに部品名等を刻印(レーザーマーカー)し数量確認を行い、梱包後、お客様のご希望納期に合わせ出荷(配送)又は、担当営業者が納品させて頂きます。
右の画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
試作立会い
試作立会い お客様の試作スケジュールより、初物試運転の立会いを行います。又、技術担当者による機械内への段取りから各工程の形状出し、製品寸法出しを行い、機械連続運転での製品化を目標に試作作業を行う事も出来ます。
右の画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
量産
量産 製品化後も量産時の問題である金型工具寿命や製品寸法上での問題、又は変更・改善等についても対応させて頂きます。お客様からのご要望に関しては柔軟に対応し、早急に結果を出す様に努めていますので、お気軽にご相談下さい。
右の画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
Copyright (C) 2009 阪村産業株式会社. All Rights Reserved.