自動車用ナット・パーツメーカー、阪村産業

サカムラグループ


自動車用ナット・パーツメーカー、阪村産業の企業沿革について

阪村産業 経理理念

阪村産業株式会社は、前進的で独創的な生産活動に努め、
明るい職場環境を作り、社会に貢献できる企業を目指しています。

阪村産業 企業沿革

1961年(昭和36年)
  • ㈱阪村機械製作所内において金型事業部発足
  • 1964年(昭和39年)
  • ナット事業部発足
  • 1965年(昭和40年)
  • 阪村産業株式会社設立
  • 1967年(昭和42年)
  • 増資 資本金100万円
  • 1968年(昭和43年)
  • [ナット事業部] 現京都工場にてスプリングナットテーパープラグの開発・製造販売開始
  • 1969年(昭和44年)
  • 増資 資本金3000万円
  • [ナット事業部] 関西エースナット会発足
  • 1971年(昭和46年)
  • [ナット事業部] 関東エースナット会発足
  • 1972年(昭和47年)
  • 増資 資本金4500万円
  • 1974年(昭和49年)
  • [ダイス事業部] 設計から技術指導までのトータルサービスシステムの開始
  • 増資 資本金6500万円
  • 1975年(昭和50年)
  • [ダイス事業部] コンピューター導入(データ通信)
  • 1977年(昭和52年)
  • [ナット事業部] フランジナイロンナット(フニロン)ターミナルナットの開発・製造販売開始
  • 1978年(昭和53年)
  • 増資 資本金8500万円
  • 1979年(昭和54年)
  • 増資 資本金9800万円
  • 1980年(昭和55年)
  • [ナット事業部] クリンプナット製造販売開始
  • [ダイス事業部] K.Oダイ開発・販売開始
  • 1981年(昭和56年)
  • [ナット事業部] アルミプラグ開発・製造販売開始
  • [ダイス事業部] W型ストレートピアシングピンを開発・製造販売開始
  • QC活動導入
  • 1983年(昭和58年)
  • [ダイス事業部] コンピュータの営業所間オンライン化
  • 1984年(昭和59年)
  • [ダイス事業部] ワンタッチ式切断ナイフ台を開発・製造販売開始
  • 1985年(昭和60年)
  • [ダイス事業部] ピンロック付ダイス・ワンタッチ式スピンドルを開発・製造販売開始
  • [ダイス事業部] 二次元CAD導入
  • 1986年(昭和61年)
  • 本社ビル建設・本店を現在地に移転
  • [ダイス事業部] VAダイを開発・製造販売開始
  • 1989年(平成元年)
  • [ナット事業部] BPプラグ開発・製造販売開始
  • 1990年(平成2年)
  • [ダイス事業部] 二次元CAD営業所間オンライン化
  • 1998年(平成10年)
  • [ナット事業部] 宇治田原工場建設
  • 1999年(平成11年)
  • [ナット事業部] ISO-9001(JQA-QM3800)取得
  • 2001年(平成13年)
  • [ナット事業部] 宇治田原工場倉庫建設
  • 2005年(平成17年)
  • [ダイス事業部] 三次元CAD導入
  • 株式会社サカムラテックを設立
  • 2006年(平成18年)
  • [ナット事業部] 宇治田原工場倉庫増築
  • 2007年(平成19年)
  • [ナット事業部] ISO14001を認証取得
  • [ダイス事業部] 三次元解析(有限要素法)導入
  • 2009年(平成21年)
  • [ナット事業部] ECO商品(CAP NUTCAVITY PLUG)の開発
  • [ナット事業部] 新緩み止めナット(PAIR NUT)の開発
  • 2010年(平成22年)
  • [ナット事業部]宇治田原工場倉庫建設
  • 2012年(平成24年)
  • [ナット事業部]宇治田原工場隣地を購入
  • 2013年(平成25年)
  • [ナット事業部]宇治田原に本社移転。工場を1カ所に集約
  • [ナット事業部]工場倉庫を第二工場に改修
  • 2016年(平成28年)
  • [ナット事業部]第三工場を建設






  • Copyright (C) 2009 阪村産業株式会社. All Rights Reserved.